ハイパー児童館ぷれいす(準備中)

「あるがまま」に「あたりまえ」でいられる居場所づくりをめざして

エリアを決める(仮)

ハイパー児童館ぷれいすの話をさせていただき、よく返ってくる問いが、

「どこでやられる(やられてる)んですか?」

です。

今まで、その問いには、

「いやあ、それもまだ定まってなくて。都区内でとは考えているんですが」

としか答えられずにいました。バカ正直に。

その答えに対して、「じゃあ◯◯なんてどう?」と提案してくださり、具体的にいろいろと繋げてくださった方もいらっしゃいます。大変ありがたく、心強く、それだけに具体性が足りないせいで結局何もできずにいる申し訳なさもあります。

しかしですね、さきほどの答えに対して、最も感じた反応は、サァーっと引く感じというか。
「なんだ、これだけ言っといて、場所も決まってないのか」っていう空気。
もしかしたら考えすぎなのかもしれないけど、場所が定まっていないせいで真剣度が弱まってしまう(そう見られてしまう)のはあるんだろうなと。

なので、さしあたり、エリアを特定することから動こうかと考えました。

第1候補は板橋区
居住区なので動きやすいということはありますが、その上でさらに理由があります。

板橋区では、放課後児童健全育成事業(学童保育)と放課後子ども教室を合体させた放課後対策事業「あいキッズ」を平成21(2009)年度からスタートさせ、平成27(2015)年度には完全移行しました。学童保育は公営でしたが、あいキッズは民間委託となりました。

板橋区のホームページでのあいキッズの説明は、
「次代を担う子どもたちの健やかな成長と多様な体験を通した豊かな人間形成を願って、地域コミュニティの基盤である学校内で、放課後子ども教室と放課後児童健全育成事業を一体的に運営する新しい放課後対策事業「あいキッズ」を、区内全52小学校で実施しております。
 この事業は、子ども同士が慣れ親しんだ学校の校庭・体育館・図書室などの施設を使って、遊び、文化・スポーツなどの体験活動を通して、元気でたくましく、そして情操豊かに育ってくれることを願って実施するものです」
となっています。

学校が終わった後も学校で過ごすって、「多様な体験を通した豊かな人間形成」にどれだけ寄与できるのかな。
家と学校の他の第三の場所=サードプレイスが重要と言われていることからは後退や逆行に感じます。

さらに、板橋区議会では、あいキッズ完全移行に伴って「児童館不要論」が出ました。小学生を対象としている事業が重複しているという理屈です。
児童館が0歳から18歳までの児童(児童福祉法)を対象としている児童健全育成事業であることの理解が欠如していたのです。
結局、児童館は乳幼児支援、あいキッズは小学生支援、中高生は生涯教育に組み込んで、新設する「まなポート」(区内2ヶ所)が担当という、細切れの対応になりました。
あいキッズが小学校の中(基本的には空き教室)に限定されたことで、従来以上に特別支援学校に通うこどもは利用しづらくなり、障害児は放課後等デイサービスなどの福祉という枠組みも強化されています。

そんな地元にこそ、「障害のあるなしに関わらないこどもの居場所」を、「完全なサードプレイスとして」創る意義があるのではないかと考えたのです。

そこで、板橋区内でプロトタイプになる活動を通して当事者のニーズとハイパー児童館ぷれいすの抱く想いを擦り合わせていく作業をしていこうと考えています。

なので、今後は、
「どこでやられる(やられてる)んですか?」
の問いには、

「手始めに板橋区を考えて進めています」
と答えます。

第2候補は文京区で。はい。