ハイパー児童館ぷれいす(準備中)

「あるがまま」に「あたりまえ」でいられる居場所づくりをめざして

ほっとくシート

ハイパー児童館ぷれいすをつくるときに備えたいもの、取り組みたいプランについて語ってみます。

今日は「ほっとくシート」。

ぷれいすの中に何席か「ほっとくシート」を設けます。
図書館や自習室にあるような一人用で左右に仕切りがある机を置き、他の利用者の目に触れにくいように配置します。

「今日は一人でいたいなぁ」「今日は他人関わるのしんどいなぁ」っていう子が安心して一人になれる席。
最低限のルールを守ってくれれば干渉しないことを約束する席。

「ほっとく」とはいえ、明らかに心配がある子には何らかのアプローチはするかもしれない。

でも、一人でいたいという気持ちも、少なくとも一旦は、そのまま受け止める場所でありたいから、ハイパー児童館ぷれいすにはあります。

「ほっとくシート」